プロのアイリストになるためには

アイリストはまつげ専門の技術者のことです。アイリスト自体の国家資格はありません。
しかしこういったサービスが最近急激に増えたため厚生省からお達しがあり美容師免許がいるという話は前にしましたね。

 

ですが美容師免許をとればすぐになれるというものではないのです。
やることが全然違いますので、美容師さんが今日からアイリストになろうと思っても無理です。

 

ずぶの素人ですので0から技術の習得を目指さなければいけません。また座学もしなければいけないでしょう。
目の周りを整えたりする仕事ですから、何か失敗をして目に傷でもつけてしまえば一大事です。

 

先にも言った厚生省のお達しとはそういう事故が多発したためでたものです。一人前のアイリストになろうとすれば、大変多くの知識、技術が必要になるのです。
一番の近道はアイリストの専門学校に行くことでしょう。美容師の資格は無理ですが、アイリストになるための知識、技術は身につくと思います。

 

まつげに関するサービスは需要もどんどん増えているため、こういった学校が今後も増えていきまた、学校に通う学生も増えるでしょう。
アイリストとなるために国家資格は必要ありませんが、民間の資格はいります。

 

JLA技能検定、JEAアイリスト技能検定、アイラッシュリスト技能検定、レベルチェックテストなどです。
またその中に1級、2級などといくつかあります。このなかで一番高い級をもっている人たちは業界から引く手あまたです。

 

新しい業界ですので人手不足といったこともあり、就職先には困らない状況ですね。